靴は値段が出る


靴は値段が出る

靴は値段が出る

カタログ通販でありがちなのが、モデルさんが着ているのをみて注文して痛い目に遭う、というものです。まんまとしてやられているわけですが、さすがモデルさんだなと思います。

着ている服がどんなものでも良く見せてしまうのですから、モデルとしては一流ということですよね。それを見抜けない私が馬鹿なだけなのですが、やはり悔しいです。

それなりの値段しか払っていないので文句のいいようがないのですが、せめて縫製ぐらいはきちんとしてほしいですよね。

そんなことを言いながらも、服はまだましだなと痛感します。多少安くても着る人が着ればそれなりに見える服はたくさんあるからです。古着でもそうですが。

靴はそうはいきません。安い靴でいいものは本当に数が少ないです。安ければ安いだけ確実に「履き心地」に差が出てくるものです。それが靴の残酷なところです。

先日夫が急に「ウォーキングを始める」と言い出し、まずは形から入る人なので靴を買いに一緒に見に行きました。

全国展開している靴のチェーン店に行ったのですが、安いものなら3000円程度から出ていました。セール時期でもあったので、割引もされていました。

ひとまず3000円の靴を履いてみます。それなりです。良くも悪くもないね、という感じだといっていました。まあそうでしょう。3000円ですからね。

他にも色々あったので、少しずつ値段を上げながら色々と試し履きさせてもらっていました。

すると当然ながら、値段が上るごとに履き心地が良くなっていくのです。さっきのよりこっちがいい、さらにこっちがもっといい、とドンドン上っていきます。

結局一番履き心地がよく気に入ったのが、1万5千円の靴でした。そりゃ当たり前です。頭を冷やせといって、ひとまずお店を後にしました。このまま買ってしまう勢いだったので。

さすがに続くかわからないウォーキングのために1万5千円は出せないと判断しました。

夫も「靴に踊らされていた!」と後になって己の浮かれ具合を反省していました。3000円と1万5千円では雲泥の差だったみたいです。でもよく考えてみました。

差額はたったの1万2千円です。まあたったのと言える金額ではないのですが、人生のうち何足も買わないであろう種類の靴です。ケチったら後悔しそうな気がします。

夫と相談ですが、1万円ぐらいで考えてみてはどうかなと私は思いました。

トマトの酸味とチーズが巻かれています

生のトマトはいくらでも食べられるほど好きです。甘味が強いものは、おやつやデザートとして食べることもあります。たくさん採れる夏になると、トマトを食べない日はありません。よくそんなにトマトばかり毎日食べて飽きないものだと言われることもありますが、トマトを食べない日は飽きるどころかかえって物足りなさを感じてしまいます。

生のトマトはいくら食べても飽きないくらい好きだけど、トマトジュースやトマトスイーツは苦手でひと口も食べたいと思えません。あんなにトマトが好きなのにどうして?と言われることもありますが、どうしてなのか自分でもさっぱりわかりません。

だけどそんな中で、これなら好きになれるかもしれないと思っているロールケーキがあります。ポタジエが作る「ベジロール トマト」です。このロールケーキには、生地にもトマトがたっぷり使われているようなんです。

ただたっぷりのトマトが使われているだけなら、やっぱり自分の好みではないと感じたことでしょう。それがもしかしたら好きになれるかもしれない可能性を私に感じさせたのは、クリームチーズの存在です。

ふわふわしていそうな生地に巻かれている、ピンク色のクリーム。トマトが使われていることは、色を見ただけでわかります。ところがそれにはトマトだけじゃなく、クリームチーズも使われているようなんです。しかもただのクリームじゃなく、ムースだというのだからなおさら気になります。

さらには、バジルまで散りばめられているようです。数あるハーブの中でもバジルは好きな方なので、その香りを楽しめるときたらグンと惹き付けられてしまいます。しまいには、生クリームの中にオリーブオイルまで入れられているんですって!

イメージは、イタリア料理のカプレーゼ。ちょっと酸味あるトマトとクセのないモッツァレラチーズを合わせてバジルを添え、少量のオリーブオイルをかけるのは私も大好きな食べ方。あの味わいがロールケーキになるとどうなるのか、一度試さずにはいられません。

ポタジエの「ベジロール トマト」に使われているのはモッツァレラではなくクリームチーズだけど、スイーツにはその方が合うような気もします。ほのかなトマトの酸味とほんのりとした甘さのハーモニー、楽しみたいです。