本気で怒る


本気で怒る

本気で怒る

突然ですが、本気で怒った経験はありますか。と聞かれて、私は先日まで「いや、ないですね」と答えていました。会社の後輩に聞かれたのです。目的はわかりませんが。

本気で怒るとはどういうレベルのものか、と聞くと「我を失うというか誰かに乗り移られたように感じるくらい」コントロールがきかなくなる怒り、というのです。

そんなのは経験したことないよーと笑っていました。本当にその時までは、コントロールが不可能な状態なんて経験がなかったのです。

よもや自分が我を失うことがあるとは思っていませんでした。つい先日。身内でトラブルがあり、母親と電話をする機会がありました。わけあって10年は会っていません。

ずっと連絡もとっていなかったのですが、それでも多くの迷惑をこうむってきました。その母親と久しぶりの電話です。謝ってきてくれるかなと期待していました。

ところが、話し始めると突然の逆切れです。私は何も悪くない、こうなったのは全部おまえたちのせいだとなったのです。

詳しく書いてしまうとそれこそ1年ぐらいはかかりそうなのでやめますが(笑)とにかく謂れのないことまで言われ、散々こきおろしてきたところで何か音がしました。

音の出所は私の頭の中です。血管というのでしょうか。ブチっと切れるといいますか。ああ、本当にこういう音がするもんだなあと不思議と冷静に見ていました。

しかしそこから、約10分間の出来事は一切覚えていません。

横で聞いていた夫の話によると、怖い職業のおじさんが乗り移ったようだった、ということでした。声色が全然違ったそうです。男性の声のように低い声。

ドスの効いた声、といいますか。戦慄が走るとはこういうことか、と妙に納得したそうです。その前に止めてほしかったのですが、とても止められる雰囲気じゃなかったと。

ひょっとして俺は女性の皮をかぶったおじさんと結婚したのかもしれない、と苦笑いされました。

夫が苦笑いできるくらいですから、実際は大したことなかったはずと思いたいです。ただ、電話が終わったあとの私の声はガラガラだったので、よほどの大声だったのでしょう。

うちにテノールのオペラ歌手がきたのかと思った、とまで言われました。とにかくびっくりして腰が抜けたそうです。だから止められなかったんですね(笑)

もう二度とそんなことが起こらないように、今はそれをただ祈るだけです。

エヌワン値引き

アスパラ入りはいつも貴重

北海道で食べた「アスパラのジェラート」が忘れられません。アスパラは夏季限定フレーバー。せっかく夏に訪れたのだから、限定と言われると試してみないわけにはいかないでしょう。刻まれたグリーンアスパラが、白いミルクジェラートの中に散りばめられています。

さすが北海道。ミルクジェラートには間違いなし。とてもミルクが濃厚でありながら、甘すぎず。たっぷりのミルク感には、ひと口目から思わず顔を緩ませてしまいました(*^_^*)緩んだ顔も元に戻らないうちに、口の中にやってきたのは他でもないグリーンアスパラ。濃厚なミルクが口いっぱいに広がる中、アスパラの風味がほんのりと。

正直言って、ミルクジェラートに間違いはなくても、それにアスパラのみじん切りを混ぜてしまったのは間違いじゃないか?と思っていました。でもそれも、味わってみる前までのこと。一目散に広がるミルク。その後を追いかけるアスパラ。何とも言えない絶妙なコラボレーション、それがまたかなり美味!

アスパラを混ぜ込んだミルクジェラートなんて間違いだと、決め付けて味わうのをやめなくて正解だったと心の底から思いました。

ジェラートに混ぜ込まれて美味しいアスパラは、ロールケーキにされても美味しいはず。ポタジエの「ベジロール アスパラ」は、見ただけでふわふわ柔らかそうな生地の中に、散りばめられたアスパラが鮮やかに見えます。

アスパラ入りロールケーキというだけでも体に良さそうなのに、そのアスパラも無農薬・無化学肥料で栽培されたというのだからさらに安心♪

アスパラは先端にいくほど甘い♪スポンジ生地には、その甘い甘い先端のみがデコレーションされているんですって(*^_^*)先端がデコレーションされたスポンジ生地で巻かれているクリームにもアスパラ入り。クリームの中に入っているのは、角切りアスパラのバターソテー♪それと一緒に、あんずのシロップ漬けも入っているようですよ。

北海道で味わって感動を覚えたアスパラのジェラートは夏季限定でしたが、「ベジロール ムラサキアスパラガス」は5月限定のロールケーキ。旬真っ盛りのアスパラが使われたロールケーキが、美味しくないわけありません。大好きなアスパラの甘味と風味を、ロールケーキでもぜひ楽しみたい♪